小坂鉱山

こさかこうざん


秋田県鹿角郡小坂町にあった鉱山。
現在では精錬施設の一部がリサイクル工場として稼働している。
明治末期に建てられた旧小坂鉱山事務所や劇場康楽館は、重要文化財として町が管理、公開している。

所在地 秋田県鹿角郡小坂町

  • 1816年:金、銀の鉱山として開発が始まる。南武藩直営から官営になり、
  • 1901年には銀の生産高が日本一だった。

やがて藤田組(当時)に払い下げられ、製錬技術が向上すると黒鉱から銅や亜鉛、鉛の生産が主体となった。
このころ、労働者を集めるために、山の中にアパート、劇場、病院、鉄道等の近代的なインフラが整備された。

  • 第二次世界大戦直後には資源の枯渇等を理由に採掘が中断
  • 1960年代:新鉱脈が発見されると採掘が再開。1990年まで存続した。




関連項目












  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE