白川郷・五箇山の合掌造り集落

しらかわごう・ごかやまのがっしょうづくりしゅうらく



岐阜県白川村、富山県南砺市にある世界遺産

飛騨地方の白川郷(岐阜県大野郡白川村)・五箇山富山県南砺市)にある山村集落。

1995年12月9日にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。



概要

合掌造りは、江戸時代から始められた蚕産のため、屋根裏に棚を設置したのが始まりといわれている。豪雪による雪下ろしの作業軽減と屋根裏の床面積拡大のため、急な角度を持つユニークな茅葺屋根になったと考えられている。

合掌造りを守る地域住民の連携形式の結(ゆい)により、補修や茅葺の葺き替えが行われている。

白川郷・五箇山の集落地帯は、有数の豪雪地帯のため、周囲との交通路整備が遅れた。このため、奇跡的に合掌造りの住居構造が残った。しかし、過疎化・住民の高齢化により、結の活動による、合掌造りの維持活動も限界となっている。

世界遺産登録後、急激に観光客が増加。近くを走る高速道路(東海北陸自動車道)の全面開通も迫っており、地域社会の生活と観光地化の狭間で、さまざまな問題も発生している。



登録基準

文化遺産の世界遺産登録基準に以下の基準にあたる

(iv) 人類の歴史上重要な時代を例証する、ある形式の建造物、建築物群、技術の集積、または景観の顕著な例。
(v) 特に、回復困難な変化の影響下で損傷されやすい状況にある場合における、ある文化(または、複数の文化)を代表する伝統的集落、または、土地利用の顕著な例。


関連項目





  • この項目のタグ


  • タグ「世界遺産」がついた項目


  • タグ「白川村」がついた項目


  • タグ「南砺市」がついた項目








  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE