ゲイリー・フィッシャー

Gary Fisher



マウンテンバイクの父、マウンテンバイクの神などと呼ばれ、現在はマウンテンバイクブランドゲイリーフィッシャーから、独創的なマウンテンバイクを出している。
1996年アメリカのクロスカントリーマスタークラスチャンピオン

1963年、12歳から自転車競技を始める。途中長髪禁止のルールにより出場停止になったが、そのルールが撤廃されたあと復帰。
ロードレースでオリンピックを目指す選手だった。
それと同時に1974年、年代物の新聞配達用バイクフレーム(シュウィン・エクセルシオX)を、ワイドなギア比、オートバイ用ブレーキで改造した自転車で、アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコ郊外のマリン郡タマルパス山(マウントタム)の林道で、走りはじめた一人。
1977年リパックのシリーズレースをチャーリー・ケリーとともに開催。
1979年に、ゲイリー・フィッシャー、チャーリー・ケリー、トム・リッチーが「マウンテンバイクス社」を設立し、初めてマウンテンバイクという名前がついた。

その後、マウンテンバイクブランドゲイリーフィッシャーをはじめる。

関連項目


  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE