クリンチャータイヤ



自転車用タイヤの一種。
外側のタイヤ部分と、空気が入るチューブ部分が分かれた形式。
タイヤ内周部のビードリムに引っ掛けて固定する。

接合方法には三種類の規格があり、リムとタイヤは同じ規格のものでなければ装着できない。

イギリス、フランスによるタイヤとリムの規格。ワイヤーの入ったビードをリムに引っ掛ける。
ハイプレッシャーといわれていたこともあり、高圧で使用するための規格。
ロードバイク、一般車はこの規格で、ミリ表記(700×23Cなど)、分数のインチ表記(26×1-3/8など)であらわされる。

タイヤのみみをリムに引っ掛ける。低圧で使用するための規格で、実用車、荷車などに使われる。

アメリカによるタイヤとリムの規格。WOとBEの中間で、ワイヤーの入ったタイヤのみみを引っ掛る。
中圧で使用するための規格。
マウンテンバイク、BMXはこの規格で、小数点のインチ表記(26×2.0など)であらわされる。
WOの26×1-1/2とHEの26×1.5は表記は似ているが、別の規格なので互換性はない。





関連項目

  • 自転車用語
+ ...

















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE