脇町

わきまち

徳島県美馬市にある、歴史的町並みが残る地区。
江戸時代から明治時代にかけて、交通の要衝として藍の集散で栄えた。

町並みの中心の南町は、水運で栄えた豪商の町屋が軒を連ねる。通りに面した主屋は塗屋造りで、虫籠窓や格子をもつ。

一階屋根部分に稲田氏によって奨励された、卯建と呼ばれる、分厚い漆喰塗りの防火壁が取り付けられている。
商人達は誇示するように、重厚な町屋に卯建をあげた。

脇町南町伝統的建造物群保存地区として、重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。

所在地 徳島県美馬市脇町
地図

歴史

13世紀中頃東林寺前に城が築かれ城下町となる。
1533年(天文2年)三好長慶が脇城に入り、前代からの町に北・中・南の町割りを加え、現在の町並みの骨格を作った。

撫養街道と讃岐街道の交差と、吉野川の水利により、交通の要衝であり、商業町として発展した。

江戸時代、脇城が廃城となり、阿波藩直轄の在郷町となる。
阿波藩の重臣稲田氏により藍作りが奨励され、阿波の代表産業として広がり、脇町は藍の集散地として、明治中期を最盛期として1929年ごろまで栄えた。

1914年に開通した鉄道は対岸を走り、産業の中心が対岸に移ったことから、脇町は歴史的な町並みを残すことになった。






関連項目






























  
添付ファイル
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE