岩木山神社

いわきやまじんじゃ


青森県弘前市の岩木山の山麓にある神社。
江戸時代初期から元禄時代にかけて、代々の津軽藩主が造営・寄進し、現存する本殿・拝殿・奥門・楼門等は重要文化財である。

所在地 青森県弘前市百沢寺沢27
時間 7:00~17:00
地図
より大きな地図で 青森県 を表示


歴史

  • 780年(宝亀11年):岩木山の山頂に社殿を造営。
  • 800年(延暦19年):岩木山大神の加護によって東北平定を為し得たとして、坂上田村麻呂が山頂に社殿を再建。父の坂上刈田麿を合祀。十腰内地区(現在の厳鬼山神社)に下居宮(おりいのみや=麓宮)を建立し、山頂を奥宮とした。
  • 1091年(寛治5年):神宣により、十腰内地区から岩木山東南麓の百沢地区に遷座。
明治の神仏分離以前には、岩木山の山頂に阿弥陀・薬師・観音の3つの堂があり、百沢寺岩木山三所大権現と称した。近世には、津軽藩の総鎮守として歴代藩主から崇敬された。




関連項目


















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE