横手焼きそば

よこてやきそば


秋田県横手市周辺で販売されているソース焼きそば。
店によっても多少異なるが、以下の点が一般的なソース焼きそばと異なる。

横手 一般
麺の形 直麺、太麺、角麺 ちぢれ麺、細麺、丸麺
麺の調理 茹で 蒸し
ひき肉/ホルモン 豚ばら肉
のせるもの 目玉焼き 無し
ソース 甘め 辛め
付け合せ 福神漬け 紅しょうが

1950年頃、元祖神谷焼きそば屋の店主だった萩原安治が、地元の製麺業者と協力しながら作り上げたのが始まり。その後、他の業者が、ホルモンを入れるなどの工夫をして、現在の形になった。
1965年頃には、駄菓子屋などでも売られるようになった。
現在は横手市の町おこしとしても利用している。

横手市民やその周辺住民はこのスタイルが「焼きそば」であって、いわゆる普通の焼きそばにはやや違和感を持つという。


関連項目









































  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE