高橋家住宅

たかはしけじゅうたく

青森県黒石市の中町こみせ通りにある、江戸時代後期に建てられた商家。
主屋、米蔵・味噌蔵、文庫蔵が重要文化財に指定されている。


所在地 青森県黒石市中町38

屋号を「米屋」といい、代々黒石藩御用達で主に米を扱い、醤油、味噌、油の製造販売もおこなった。

主屋


  • 竣工:宝暦~明和(1751年~1771年)
  • 規模:桁行21.8m、梁間12.7m
  • 階数:一部二階
  • 屋根形状:切妻、東面こみせ付、北面・南面庇付
  • 屋根材:亜鉛引鉄板葺
  • 出入口:妻入

江戸中期に建てられ、通りに面して付けられたこみせや、出入り口の吊上大戸、吊り上げ式障子窓などがよく保存されている。
関東などの町屋と比較すると、広い土間がとられているが、これは雪が積もる冬季の作業場として使われるためである。

現在も人が住んでいるため座敷に入ることはできないが、4~11月は土間と庭園を喫茶処として営業している。

米蔵・味噌蔵

  • 竣工:1751-1829
  • 構造:土蔵造
  • 規模:桁行17.1m、梁間7.5m
  • 屋根形状:切妻、東面庇付
  • 屋根材:鉄板葺

文庫蔵

  • 竣工:1751-1829
  • 構造:土蔵造
  • 規模:桁行5.7m、梁間7.5m
  • 階数:2階建
  • 屋根形状:切妻、東面庇付
  • 屋根材:鉄板葺



参考サイト



関連項目
















  
添付ファイル
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE