ひゅうじ




岩手県郷土料理
小麦粉を練って円形にのばし、中にくるみ・黒砂糖・味噌を混ぜたものを入れ、半円形に折り曲げてお湯で茹でたもの。

語源・意味ははっきりしていないが、火打石のような形をしていることから、ひうちが訛ったものと推測されている。

農作業の合間の軽食やお盆の際のお供え物、またはおやつとして用いられてきた。

地域によってしゅうず・ひゅうずとも呼ばれる。



道の駅たろうに売ってたのを食べた。


関連項目










  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE