2000年代前期 乗り方の多様化


  • 乗り方
クロスカントリーとダウンヒルに競技が二極化していく中で、より自由に山を走るフリーライドという概念が生まれる。
従来のようにただ走るのではなく、飛び降りなど過激な乗り方がされるようになっていった。
そのような乗り方はカナダを中心に行われるようになり、ビデオ作品が作られるようになり、それに出演するプロのフリーライダーが出てくる。
マウンテンバイクでダートジャンプも行われるようになり、よりBMX的に乗られるようになっていくことになる。

そしてBMXと同じく、ストリート・ダートジャンプのビデオ作品が出されるようになり、プロが出てくる。

  • 機材
90年代後期ダウンヒル用のマウンテンバイクのトラベル量は200mm前後にまで長くなり、重量も増加し競技以外には使えない自転車となった。
クロスカントリーのトップレーサーはハードテイルが主流だったが、ペダリングロスを解消したフルサスペンションが出てきたことから、徐々に使われるようになっていった。
マウンテンバイクが二極化していく中で、本来の山で、ある程度登れ、下りの性能を向上させるため、ダウンヒル用ほどではないがロングトラベルで、非競技志向のフルサスペンションバイクが作られるようになり、フリーライドバイクとよばれた。

サスペンションの技術がさらに進化。ペダリングでは動かず、衝撃では動くという、ボビング制御システムを各社が争うようになる。
これにより、ロングストロークでペダリングロスが少ないバイクが作れるようになった。

ダウンヒルで使われていたディスクブレーキも使われるようになっていく。

  • 競技
デュアルは、4人同時に走るフォークロスとなり、エキサイティングさから人気を集める。
コースはジャンプがより多くなり、BMXライダーも参戦してくるようになった。


年表

2000 シドニーオリンピック
2002 デュアル」に代わり「フォークロス」がワールドカップ・世界選手権種目になる。
2003 クロスカントリーマラソンが世界選手権種目になる
2004 アテネオリンピック

関連項目


  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE