マウンテンバイクの種類


マウンテンバイキングには、さまざまな乗り方や競技があり、それぞれにあわせ、マウンテンバイクも多様化している。
後にサスペンションのないものをハードテイル、あるものをフルサスペンション(フルサス)という。

クロスカントリーバイク

クロスカントリーレースやトレイルライドに使う。
トラベル量は短く、通常80~100mm。
ハードテイルフルサスがある。


オールマウンテン

トレイルライドに使う。
トラベル量は、120mm~140mm程度。
フルサスがほとんど。

フリーライドバイク

下りを重視し、飛び降りなどの過激な乗り方がされることも考慮して頑丈に作られるために重い。
トラベル量は150mm以上のフルサス
130~150mmのサスペンションフォークに対応した、ハードテイル。

ダウンヒルバイク

下りを速く走ることだけを考えたバイク。
トラベルは前は180~200mm、後は180mm以上。

フォークロスバイク

フォークロスなどの、ジャンプやコーナーの多い短距離を速く走るためのバイク。
トラベル量は100mm前後でハードテイルとフルサスがある。

ジャンプバイク

フォークロス用のハードテイルとほぼ同じ。
ただし強度を重視する傾向がある。
前ブレーキなしや、シングルスピードにすることが多い。
前後24インチのバイクがある。

トライアルバイク

ハードテイルでリジッドフォーク。
軽いギア比しか使用しないため、チェーンリングはインナーのみの一枚。
前をあげやすくするため、リアセンターが400mm未満と極端に短い。
タイヤは後が2.5インチほど、前は2インチ前後の細めにする。
ブレーキはほとんどの場合マグラの油圧リムブレーキ。

  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE