クロスカントリーバイク




マウンテンバイクの一種。
マウンテンバイクの用途による分類のひとつ。
クロスカントリーのレースや、登り下りを楽しむトレイルライドに使うためのバイク。
クロカンバイクと略される。


概要

長距離乗る事や登りを重視する。
ペダリングロスをふせぐため、トラベルは短く、通常80~100mm。ハードテイルフルサスがある。
タイヤの幅は2インチ前後。

また、軽さを重視し、高級なバイクは軽量なフレームやパーツを使用する。中上級モデルではエアサスペンションを採用し、上級モデルではフレームなどにカーボンを使用する。

クロスカントリーのレース用の高価なバイクだと重量は10kg未満である。一般的には12kg前後。

ペダリングロスの少なさから、ハードテイルを好む人が多かったが、最近ではサスペンション技術の発達により、フルサスも多い。
チェーンリングは3枚がふつう。

最近ではホイール径が大きく、走破性に優れた29インチのバイクが増えてきた。
また、シングルスピードが流行っている。


関連項目

















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE