めはりずし



和歌山県三重県にまたがる熊野地方と、奈良県の吉野地方の郷土料理。

高菜の葉の漬けもので包んだおにぎり。すしの名が付いているが酢飯ではない。

熊野地方の山仕事や農作業で食べる弁当としてはじまったと伝えられ、現在でも一般家庭でつくられている。
本来はソフトボール大に握った麦飯のおにぎりを高菜で包みこんで作る。
名称は、「目を張るように口を開ける」「目を見張るほどおいしい」に由来するという説、あるいは、目張りするよう完全に包み込むことに由来するという説がある。


現在では一口大の小さいものや、中のご飯に刻んだ高菜漬けの茎や胡麻、じゃこ、鰹節を入れるものもある。



2011-05-01



2011-04-30


2003年春合宿#3月27日(木)




関連項目






















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE