ザンギ



北海道郷土料理
鶏や魚介類(タコ、イカ)の唐揚げ。

下味付けが、醤油やショウガ、ニンニクなどで濃厚にされている。
鶏肉以外の場合は、「蛸のザンギ」など材料名を付して呼ぶことが一般的。

北海道民の多くは、唐揚げ=ザンギであると認識しているため、ザンギを北海道独特の物、或いは名称であると認識していない北海道民も多い。
このため、全国展開している大手のコンビニエンスストアでも、北海道内の店舗では、鶏肉のから揚げ商品にザンギの名称を用いて販売している。


また、愛媛県今治市では揚げる前にタレに漬けて味付けした鶏の唐揚げを「せんざんき」(「千斬切」の字も当てられる)、東予地方では同じものを「ざんき」と呼ぶ。

発祥

昭和30年代、釧路市の「鳥松」が発祥という説が有力。
鳥松の主人によれば、中国語のザーギー(炸鶏)、に「運がつくように」間にウンを入れた、という事である。

しかし、戦前から出されていたとされる函館市の「陶陶亭」など、他にも発祥とされる店があり、名称については、下記の説もある。

  • 中国語「炸子鶏」(ジャーズージー)説 (地方によってはザーズーギー、ザージーガイなどとも発音する)
  • 中国語「炸鶏」(ジャージー)説 (地方によってはザーギー、ザーガイなどとも発音する)
  • 日本語「散切り」(ザンギリ)説 ※かつて骨ごと切っていた為。
  • 日本語「斬切り」(ザンギリ)説 ※同上。
  • 日本語「千斬切」(センザンキ)説 (中国語としては意味をなさないので当て字であろう)
  • 仏教用語で、年端もいかない若鶏を殺生して調理する行いを恥じよという思いを込め「慚愧」(ザンギ)説
  • 「残毀」説(肉を切る=毀 → 唐揚げする → 味付けを止める=残)


北海道各地には戦後、中国、満州からの引揚者が多く移り住んだことと関係があるのではないかとする説もある。
また、炸子鶏と共通する部分として、衣に片栗粉を使うことが「ザンギ」の条件であるとする説もある。



関連項目




















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE