なめろう



千葉県の房総半島沿岸部の郷土料理。

主にアジ、イワシ、トビウオなどの青魚に、味噌とネギ・シソ・ショウガなどを乗せ、包丁を使って粘り気が出るまで細かく叩いたもの。

名称の由来は、叩いたことによる粘り気の食感から、料理を盛っていた皿についていた身まで舐めるほど美味だったからなどの説がある。
なお、元は地元の漁師が漁船の上で作っていた料理であることから、沖膾(おきなます)という別名もある。

また、これを焼いたものをさんが焼きという。










ばんや とびうおのなめろう  千葉県鋸南町 2006年9月29日


関連項目
























  
添付ファイル
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE