マウンテンバイキング


スポーツとして、マウンテンバイクに乗る事をマウンテンバイキングという。
大きく分けて三種類の志向がある。

最も一般的な乗り方といえる。
オフロードの登り・下りを走る。
トレイルと呼ばれる、山の中のハイキングロードなどのような小道を走ることは、トレイルライドと呼ばれる。
また、起伏のある未舗装路の小道により構成された周回コースがある。公園やキャンプ場などに作られていることが多い。

クロスカントリー向けの自転車は、走破性・衝撃吸収性と、登りを両立する必要があるため、ダウンヒル向けに比べ、サスペンションの長さは短く、タイヤも細めで、車体は軽めに作られている。

スキーでのゲレンデのように、のぼりは搬送でのぼれるコースで主に下りを走る。
夏季のスキー場がコースになっているところがあるほか、車で搬送する専用のコースもある。
コースには、ジャンプやさまざまな人工的なセクションが設けられたところがある場合があり、そういったところを速く走るより、過激な走り方をしたり、トリックをきめながら走るような志向の場合フリーライドと呼ばれる。

ダウンヒル向けの自転車は、登ることをあまり考慮しないため、クロスカントリー向けの自転車に比べサスペンションが長く、タイヤが太くなっており、軽さよりも頑丈さが重視される。

  • フリースタイル
スキー・スノーボードやBMXのフリースタイルや、スケートボードのように、マウンテンバイクでジャンプやトリックをする乗り方。
BMXと同じように、土で作られたジャンプ台を飛ぶダートジャンプ、スケートボードなどと同じように、スケートパークと呼ばれる専用の施設や、街中の障害物を使いトリックをおこなうストリートがある。

これらは関わりが深い、フリーライドに含まれる場合もある。

フリースタイル向けの自転車は、サスペンションの長さや、タイヤの太さはクロスカントリー向けと変わらないものの、やはり強度はより重視される。
また、技がやりやすいようにコンパクトに設計され、あまり必要のない変速機はない場合もある。

  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE