美濃橋

みのはし


岐阜県美濃市の長良川に架かる、大正時代に造られた橋。

現存する最古の近代吊橋。重要文化財に指定されている。


所在地 岐阜県美濃市上有知・前野
地図


  • 形式:単径間補剛吊り橋
  • 設計:戸谷亥名蔵(岐阜県技師)
  • 起工:大正4年8月
  • 竣工:大正5年8月
  • 橋長:113m
  • 支間:116m
  • 幅員:3.1m



建設当時国内最大級の支間を実現した、大正期を代表する吊り橋。

この地は美濃和紙の原料を運ぶ交通の要衝であり、かつての長良川の前野渡しや岡田式渡船交通に代わる人車通交用の橋として建設された。
両岸に据えられたアンカーレイジに、鉄筋コンクリート造の主塔から吊るされた主ケーブルを碇着し、吊ケーブルで支持された橋桁を鉄骨トラスで補剛している。



関連項目

















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE