旧大沼家住宅

きゅうおおぬまけじゅうたく
岩手県金ヶ崎町の金ヶ崎にある18世紀頃建てられた農家。

金ヶ崎町指定有形文化財となっている。

所在地 岩手県胆沢郡金ヶ崎町

  • 建築年代:18〜19世紀
  • 屋根材:茅葺
  • 屋根形状:寄棟
  • 平面:三ツ屋形式
  • 規模:母屋 桁行7.5間、梁行3.5間

母屋、馬屋、厠の3棟が直線的に配置されている三ツ屋形式は、当時この地方独特なものだったが、現在残っている他の武家屋敷には見られない。
馬屋は、地区で唯一残っているもので、明治時代に建てられた。
厠(便所)は改修保存の際新築したもの。

武士といっても半士半農の要素が強く、建物自体は質素な造りになっていて、広い敷地の半分は農作物が植えられ生産空間となっていた。


関連項目









  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE