出水山 善福院 覺翁寺

かくおうじ

千葉県勝浦市にある寺院。



所在地 千葉県勝浦市出水1297
地図
より大きな地図で 千葉県 を表示

勝浦藩主であった植村家の菩提寺。
1634年(寛永11年)勝浦城主植村泰勝が死去した時、勝浦城内にあった浄林寺をここに移し、泰勝の幼名覚翁丸をとって出水山覚翁寺としたという。

境内には植村氏三代泰朝、四代忠朝、五代正朝の墓宝筺印塔(ほうきょういんとう)があり、市指定文化財となっている。
本堂には江戸彫刻の名人といわれている通称・波の伊八(武志伊八郎信由)の欄間が残されている。

有名な清水である、茶水井があり俗に茶寺と呼ばれている。


関連サイト



関連項目





この項目のタグ 
2006年9月28日 勝浦市 千葉県 寺院 歴史


























  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE