四ッ足峠

よつあしとうげ

徳島県那賀郡那賀町(旧木頭村)と高知県香美市(旧物部村)の県境にあるである。
国道195号が四ッ足峠トンネルで越えている。標高660m。



現在の国道195号「四ツ足峠トンネル」が開通するまでは登山道しかなかった。

1698年(元禄11年)に石立山修験遥拝等のために建てられた「四ツ足堂」と呼ばれるお堂があり、お堂の四本の柱のうち2本が土佐国側、残る2本が阿波国側に立っている。


四ツ足峠トンネル
1961年(昭和36年) - 着工
1965年(昭和40年)12月15日 - 完成
全長 - 1857.2m、幅員5.5m、工費5億5514万406円(高知県管轄では最長。2007年(平成19年)に美波ゆめトンネルが開通するまでの徳島県南部最長のトンネル。)
徳島県と高知県の県境を結ぶ。トンネル内県境部には地蔵が置かれている。



関連項目













  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE