姫路城跡

ひめじじょうあと


兵庫県姫路市にある、室町時代から江戸時代にかけて存在した城の跡。

廃城や戦火の危機を免れてきた事から、天守をはじめ多くの建造物が現存しており、築城以来の姿をよく残している。
1993年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。

所在地 兵庫県姫路市本町68
料金 600円
時間 9:00~17:00(6月から8月は18:00まで)


概要

白漆喰の城壁の美しさから白鷺城(しらさぎじょう、はくろじょう)とも呼ばれる、日本における近世城郭の代表的な遺構である。
天守をはじめ8棟が国宝、74棟の各種建造物(櫓・渡櫓27棟、門15棟、塀32棟)が重要文化財に指定されている。

別名 白鷺城
城郭形式 梯郭式平山城
遺構 天守・櫓・門・塀、石垣、堀、土塁、庭園



関連項目





























  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE