ワンポイントファイブ

One point five



  • ステアリングコラム外径:38.1mm(1.5インチ)
  • ステアリングコラム下玉押し圧入部:39.8mm
  • ヘッドチューブ内径:49.6mm

マウンテンバイクの一般的な規格オーバーサイズ(1-1/8インチ)より太くして、フォークの剛性をあげることで、シングルクラウンフォークのロングストローク化を計ることが主な目的である。背景にはフリーライドの隆盛によりロングストロークシングルクラウンフォークが求められていたことがある。
あわせて、ヘッドチューブが大径化することでフレームのヘッド周りの剛性があがる効果もある。


歴史

マニトウを中心に提唱され、2003年に初のワンポイントファイブ規格のフォーク「シャーマンブレイクアウト1.5」が発売された。
今までのシングルクラウンで最長だった130mmを越え、152mmだった。
しかし、マルゾッキは新たな規格に賛同せず、2004年に従来のオーバーサイズで150mmストロークのZ150を発売した。

フリーライドバイクフレームに採用されることは増えていったが、フォークはマニトウからしか出ず、ヘッドパーツステムも種類が乏しいことや、オーバーサイズでロングストロークのフォームも出てきたこともあって、ワンポイントファイブ用のフレームにダウンサイズできるヘッドパーツを使用して、オーバーサイズのフォークとステムを使うことが多かった。

2007年からはロックショックスからもワンポイントファイブのフォークが発売されたが、この頃には、オーバーサイズでもワンポイントファイブと同じく最長180mmストロークのシングルクラウンフォークが出ており、ロングストロークのメリットはなくなっている。
また、下側がワンポイントファイブ、上側がオーバーサイズと太さが変化するテーパーヘッドが登場した。最も負荷のかかる部分の剛性を確保しつつ、オーバーサイズのステムを利用できる規格の登場により、剛性のメリットも薄れている。











関連項目


  • 自転車用語
+ ...










  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE