石黒家住宅

いしぐろけじゅうたく


秋田県仙北市の角館にある。
仙北市指定史跡となっている。
重要伝統的建造物群保存地区に選定されている、仙北市角館伝統的建造物群保存地区の構成要素の一つ。
現在も石黒家が居住しているが、内部を見学できる。


所在地 秋田県仙北市角館
料金
時間
休館日


石黒家は、明暦2年(1656年)、断絶した蘆名氏に代わって角館所預として入部した佐竹北家の佐竹義隣に召抱えられた石黒勘左衛門直起を初代としている。
直起の父、石黒采女正(権兵衛)直之は越中国出身の牢人で、当時院内銀山の鉱山町として栄えた出羽国雄勝郡上院内に移住した人物であった。
初代直起当初の石黒家の住居は、現在地より西側、檜木内川に近い川原町に所在しており、家格は家老格の小野崎家(200石)に次ぐ150石取り、財政を担当する用人として佐竹北家に仕えた。
家伝によれば、8代石黒隼人祐直信が、住居を嘉永6年(1853年)に蓮沼七左衛門から買い受け、青柳家(秋田県指定史跡)の北に隣接する現在地(武家屋敷通り)に移転したとなっている。
なお、石黒直信は、幕末から明治初めにかけて家塾「紅翠亭」を開き、学問の普及に尽力した人物で漢詩集として「毅堂詩集」を残している。
なお、1881年(明治14年)には戊辰戦争で官軍側に立った久保田藩を援助し、犠牲者を出した旧肥前国大村藩を訪れている。
9代直幹(蒙斎)も漢詩を好み、晩年には角館町長を務めており、10代直豊は中等教育に力を注いで角館図書館の初代館長を務めた。
現代の12代目当主石黒直次は、2005年(平成17年)3月より角館町長に就任。最後の角館町長を務め、同年10月の平成の大合併後の選挙では仙北市の初代市長となった。

薬医門
文化6年(1809年)4月27日の墨書銘との矢板があり、角館に現存する武家屋敷のなかで年代の確認されるものとしては最古の建物となっている。

主屋

  • 屋根材:茅葺
玄関は、上位もしくは同格の身分を対象とする正玄関と、下位身分対象の脇玄関の2つがある。
正玄関には起り破風と懸魚がある。



築山や巨石が置かれるが、池はなく、樹齢300年のモミの大木をはじめ各種の常緑樹やモミジなどの落葉樹があり、東屋をともなっている。
なお、常緑樹は、火災発生時の緊急に備え、火の粉がかからないよう植えられたものである。




関連項目









  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE