アルミニウム

Aluminium


金属のひとつ。

分子が直線的に結合しており、あらゆる方向に簡単に分子が移動するので柔らかい。

やわらかいアルミニウムを硬化させる方法として以下のものがある。

加工硬化

アルミニウムの圧延や押出、引抜き、鋳造などの加工を行うことで転位密度を増大し強度をあげる。

固溶硬化

アルミニウムの固体の中に他の金属元素が固体でとけ込んでいる状態を固溶体という。
アルミニウムと半径の違う元素が無秩序に分布したときに、すべり面がでこぼこした状態になり転移が動きづらくなる。

析出硬化

高温に加熱して固溶体を形成させる溶体化処理、それを水中で急速冷却する焼き入れ処理、続いて室温に保持あるいは低温(100~200℃)に加熱して析出させる時効硬化処理(焼きもどし処理)で構成される熱処理によって、析出相に大きな格子ひずみを生じさせ硬化させる方法。

粒子分散硬化

アルミニウム母相中に固溶しない強固で微細な化合物粒子を分散せせることにより転移の動きを抑制し材料を硬化させる方法。

結晶微細化硬化

結晶粒を微細にすることにより結晶粒界を多くし、転位の運動を阻止する方法。

複合化硬化

アルミニウム及びアルミニウム合金中に強度が著しく高い他の金属やセラミックスの繊維を埋め込んで、その繊維に強度を担わせる強化方法。



関連項目

  • 自転車用語
+ ...

















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE