人工時効硬化処理

じんこうじこうこうかしょり



焼き戻しとも言う。溶体化処理の後、時効硬化(析出硬化)を人工的に行うこと。
合金に応じて人工的に温度を上げ、溶け込んでいる元素の原子運動を容易にしてから冷やす。

アルミニウム合金は2000番系、6000番系、7000番系でおこなう。


関連項目


  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE