調質

ちょうしつ


合金の引っ張り強さ、加工性、耐食性、寸法安定性、破壊靱性などの特性を改善するためにする操作。
熱処理と加工により強度をあげるのが主な目的。熱処理と加工は合金の種類によって使い分ける。
どのような調質をしたかを示す調質記号を合金名のあとにつける。

アルミニウム合金の場合、熱処理によって調質する熱処理合金は2000、4000、6000、7000系。
加工によって調質する非熱処理合金は1000、3000、5000系。



調質記号

  • 熱処理
T1 熱間加工から急冷し、自然時効(常温で時効硬化)させたもの
T3 焼き入れ後、冷間加工し、自然時効させたもの
T4 焼き入れ後、自然時効させたもの
T5 熱間加工から急冷し、人工時効硬化処理したもの
T6 焼き入れ後、人工時効硬化処理したもの
T7 焼き入れ後、安定化処理したもの
T8 焼き入れ後、冷間加工し、人工時効硬化処理したもの
T9 焼き入れ後、人工時効硬化処理してから冷間加工したもの

  • 非熱処理
F 製造のまま
H112 製造のままの状態で機械的性質が保障されているもの
O 軟化焼きなましにより完全に再結晶してもっともやわらかい状態になったもの
H1n 加工硬化したもの
H2n 加工硬化後、適度に軟化焼きなまししたもの
H3n 加工硬化後、安定化処理したもの
nは1~9の数字が入り、硬化の程度をあらわす。nの数が同じならH1n、H2n、H3nの硬さは同じ。



関連項目

  • 自転車用語
+ ...









  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE