2005年8月20日(土)


←前へ | 8/18 19 20 | 次へ→


今日は井波のキャンプ場に行くが、金沢から近いので夕方出発することにして、それまでは金沢観光。

にし茶屋街の観光駐車場に自転車をとめてまちあるき。


雨宝院…
室生犀星が幼年期に養子として引き取られたお寺。


前田家の手厚い保護を受けた金沢五社のひとつ、神明宮…へ。
災難厄除けに御利益があり、地元の人には「おしんめさん」と呼ばれている。



境内の樹齢1000年の大ケヤキ。
大木だいすき。ずっと前からここで変わらず生きている。それを見るとなんともいえない気持ちになる。



妙立寺
利常が幕府からの攻撃に備えて建てたもので、地下道・隠し部屋・どんでん返しなどがあり別名忍者寺とも呼ばれている。

楽しそう!!でも予約制なので入れなかった。

このへんは寺院が密集する寺町。3代藩主前田利常が、城下の寺院を集めて整備したところで、今でも多くの寺が立ち並ぶ。



伝統的な建物のまま営業している落雁屋さん。
入りたかったのだが、定休日だったっぽい。


北陸鉄道石川線の野町駅まで行って、住宅街をぶらぶら歩きながら、にし茶屋街まで戻る。



金沢市内は水路だらけ。水路沿いに家が建っている。
別に観光地でもなんでもなけど、その土地らしさが感じられればどこでも楽しい。








自転車をとめる場所が見当たらなくて、金沢城公園の百間堀通り沿いにある公衆トイレの前にとめて、石川県観光物産館をひやかして、桂坂口から兼六園に入る。

桂坂口から時計回りに回ることにした。休日なので人が多い。団体客多すぎ。
有名な徽軫(ことじ)灯篭のところなんて写真撮るのに並んじゃって大変。


東の端っこのほうは人が少なくていい。緑がきれい。



兼六園には入り口がいくつかあって、入場券を見せれば一日出入り自由。随身坂口から出て、金城霊沢へ。

昔、芋を掘って暮らしていた芋堀藤五郎が砂金を見つけ、ここで洗ったため金洗い沢とよばれ、金沢の地名の由来になった。今でも水が湧き出してて、とてもきれい。





1909年(明治42年)に旧陸軍兵器庫として建てられた。
現在は、石川県立歴史博物館となっている。重要文化財。

入りたかったけど、時間がないので外観を見ただけ。



再び兼六園へ。第二次世界大戦の末期に、燃料として松脂を集めるときにつけた傷。



茶室「夕顔亭」1774年に建てられた園内で最も古い建物。



瓢(ひさご)池に霞ヶ池から翠滝が流れ落ちる。



日本庭園に噴水。1861年につくられた日本最古の噴水。
霞ヶ池を水源にして、高さ3.5m噴き上げる。



桂坂口から出て、石川橋を渡り金沢城へ。橋の下は、今は道路だが、当時は百間堀と呼ばれた広いお堀だった。

正面は石川門。1788年築で重要文化財。
屋根瓦が鉛でできていて白っぽい。溶かせば鉄砲の弾に作り変えられるようになっている。



三の丸広場と、五十間長屋。




石川門に戻ってきた。
すでに午後四時。さすがにもう移動しないとやばい。


石川県道・富山県道27号を走る。
三年前、この道を逆向きに走って、アップダウンの多い道と覚えていたが、思ってた以上にきつい。



山を越えて、道の駅福光で休憩。
三年前の夏合宿の最終日、ここの広場でお昼ご飯を食べて昼寝した。なつかしい。


ここで日が暮れてしまった。ちゃんと走り出したのは今日からなので、走りなれてなくヘロヘロ。
道の駅井波に到着し、直行組の数人と出会った。

近くのスーパーで買出しをして、道の駅井波のお風呂、木の香浴泉ゆら湯らに入る。
閑乗寺公園キャンプ場は山の上で、暗い道を一人で登るのはイヤだったので、北條プレを待って一緒にキャンプ場に登った。

2005年8月21日へ続く。


←前へ | 8/18 19 20 | 次へ→




















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE