看板建築

かんばんけんちく



大正から昭和初期にかけて、主に商店建築に用いられた建築様式。

木造の店舗兼住宅の屋根部分を見せずに建物前面と一体とし、モルタルや銅板で仕上げて装飾をつけるのが特徴。
商店の看板、広告をつけたものではない。

江戸時代以来店舗兼住宅は、出梁造りと呼ばれる立派な軒が商店の格を示していた。
関東大震災後の復興では土地区画整理を実施し、街路を拡幅したため、各商店は敷地面積を減らさざるをえず、軒を出すのは不利であった。また、耐火性を向上させるため、建物の外側を不燃性の材質で覆う必要があった。加えて、庶民層の間にも洋風デザインへの志向が強くなってきていた。こうした条件が重なり、震災復興の過程で大量の看板建築が造られることになった。擬洋風建築が大衆化したもの、という見方もできる。
外観こそ洋風に見えるが、店の中の間取りは変わっていない。

その後次第に地方にも看板建築を真似た商店が造られるようになった。

ほとんどは名もない大工棟梁が建てたもので、学問的に考察されることはなかったが、藤森照信(当時大学院生)が明治初期の擬洋風建築に通じる民間の系譜の建築として着目。看板建築と命名して1975年の建築学会大会で発表した。当時はこのような不真面目な建物を対象にするとは不謹慎だなど批判の声もあったが、次第に用語として定着した。

看板建築は現在も主として東京を中心とした広い範囲で見られるが、老朽化により急速に減りつつある。一部、野外博物館(江戸東京たてもの園)に移築されたり、国登録有形文化財として保存されているものもある。


関連項目














  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE