天空率

てんくうりつ



任意の測定ポイントに対して正射影投影(魚眼レンズで空を見上げたもの)された図(天空図)より、建物が投影されている範囲の除いた空間の割合(=空の見える割合)のこと。

2003年 (平成15年) の建築基準法の改正で、斜線制限の緩和措置として導入された。


所定の測定場所すべてにおいて、計画建築物の天空率が、斜線制限に適合する建築物の天空率以上となっていれば、高さ制限に適合しているとみなされる。



関連項目


  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE