銚子市中央地区コミュニティーセンター



千葉県銚子市にある、大正時代に建てられた建築。


ヤマサ醤油の創設者、濱口梧洞が設立した財団法人公正会の拠点として建てられた。


所在地  千葉県銚子市新生町2丁目1番地の5
地図
より大きな地図で 千葉県 を表示


  • 竣工:1926年(大正15年)
  • 設計:高橋清輔
  • 施工:銭高組
  • 構造:鉄筋コンクリート造
  • 階数:2階


大正14年4月17日:ヤマサ醤油の創業者である濱口家の10代目濱口梧洞(ごどう)が私財を投じて社会教育事業を目的とする「財団法人公正会」を設立。
大正15年4月12日:その拠点として公正会館が開館。
昭和20年7月20日:空襲で1,000人以上が死傷し、この建物は臨時病院として使用された。
昭和24年:市に寄付され、公正市民館となった。
2001年11月:小畑新町の市民センターに公民館機能が移転。建物本体は歴史的建造物として保存されながらコミュニティーセンターとして使われている


参考サイト




関連項目







































  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE