2004年3月16日(火)


←前へ | 3/14 15 16 17 | 次へ→




8時ごろから出発準備。
末廣旅館。こっちは女の子の部屋と食堂があったほう。メンズは道路はさんだ手前側。


今日から橋爪が走るが、タイヤのサイドが裂けかかってる。
宇和島の自転車屋でタイヤを替える事にして、とりあえず裏からガムテープを貼っておく。
スペシャのへミスファー、ニンバスダメだ。
昨日の北條、その昔に太和田、柘植(高宮さんから借りた)もみんなスペシャのタイヤでそうなった。


今日はペアランの日。集合地の宇和島城までは後半の班で走る。班員は二年大平、高木、一年木村、きもっちゃん。
国道320号は、だらだらのぼりが続き、宇和島市に入る少し手前からくだりになる。けっこうな勾配でスピードが出る。そこをのぼってくる他大のチャリ部とすれ違った。道も広くないし、交通量が多いから大変だったろうな。


三年前のプレスタート地点、宇和島駅を通る。
当時は一年で、俺にとって初めてのプレだった。今や最高学年。
あの日も今日も天気がいい。
駅前の信号待ちで高木が立ちゴケした。


集合地の宇和島城まで激坂をのぼり、到着。

全班が到着したら、くじ引きによってペアを決める。
今までだったら番号が書いてあるくじだが、今日の担当は宇都。普通ではない。
俺のくじにはシマウマと書いてあった。杉田とペアになった。
他には、「うさぎ」「かえる」「蚊」「ベホマスライム」「あさうみ」「当たり」など。


(橋爪撮影)
まずは全ペア宇和島城の本丸に向かう。
石段が工事中だった。



天守の石垣


(橋爪撮影)
宇和島城を体で表現。


(平岡撮影)
くせもの


(平岡撮影)
今日の道は峠越え。体力温存のためベンチで寝てる橋爪。


城を見終わったら、橋爪のタイヤを買うために自転車屋へ向かう。
(平岡撮影)
たのしい自転車屋を期待して、数ペアが行ったものの、つまらなくてがっかり。
パナレーサー ツーキニストに交換。

なんだかんだで遅くなってしまった。もうお昼。
景色のいい所で食べたかったけど、もうお腹がペコペコなのでコンビニの前で食べる。


国道56号で行くのが最短距離なのだが、トンネルが多く、交通量も多いので迂回せよとのこと。
山側と海側の二通りの行き方があるが、うちは海側を行く事にした。



愛媛県道274号。狭い。みかん畑を縫うように走る。愛媛なかんじ。



愛媛県道274号、岡の頂上から吉田港を見る。景色最高。



今度は縫うように下り。
注意力散漫杉田、対向車とぶつかりそうになる。



国道378号、法花津湾沿い。国道とは思えないのどかな道。
向こうに見えるアホみたいなつづらはもしや。



やっぱりそうだった。国道56号へぬける野福峠。ここの斜面もほとんどみかん畑。
のぼりの途中で「ナポレオンフィッシュ」ペア(ともちゃん高木)に追いつく。



野福峠に到着!のぼってきた道が見える。最高。



野福トンネルを抜け、下って宇和町へ。宇和町は歴史的な町並みが残っている。



宇和町まちなみ保存地区



重要文化財に指定されている開明学校
時間がなくて中が見られなくて残念。



旅館。泊まってみたい。


国道56号は避けろってことだったけど、けっこう時間もおしてきて迂回してたら遅くなってしまうし、実際たいして危険ではなかったので通る事にした。
ここでノミ(永村、あじあん)に出会う。
だらだらのぼり、鳥坂トンネルをぬけると、一気に下り。


下りの途中で数ペア発見。すごい遅れをとってると思ってたから安心。
当たり(田中、大平)、ナポレオンフィッシュ(ともちゃん、高木)、あさうみ(藤田、宇都)、ノミ(永村、アジア)だったかな。


大洲市市街地に入る前の、マップルにも「道が複雑連絡注意」と書いてあるところでカエル(都、北條)に会う。
まんまと迷っている様子。ナポレオンフィッシュは自分の信じる道へ向かった。
おれらシマウマはカエルについてく事にした。


(北條撮影)
ナポレオンフィッシュ・カエル・シマウマ



肘川沿いの愛媛県道24号を走っていると、黄色く染まっている河川敷が。一面菜の花畑!


(北條撮影)
続々とペアが集まり、菜の花畑で遊んだ。


そこから出発して少ししたら、完全に日が暮れてしまった。
蚊(橋爪、きもっちゃん)、ベホマスライム(平岡、池上じゅんぺー)が遅れているらしい。
橋爪が心配だが、ベホマスライムが一緒にいるようなのでだいじょうぶだろう。


今日はなんと、男で一部屋。すごい。
でもここ、部屋っつーか明らかに宴会場。非常口の看板ついてる部屋なんてありえない



夕ご飯の時間になったが、四人はまだつかない。あと少しらしいけど。つくまでの間、部長が話を長引かさせることにした。

無事到着してみんなで夕ご飯。


この宿は、なかなか大きいのだが、なぜか風呂が狭すぎ。一度に三人しか入れない。ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」をみんなで見ながら待つ。



←前へ | 3/14 15 16 17 | 次へ→














  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE