里山

さとやま


集落、人里に接した森林。
クヌギやコナラ、シイといった広葉樹による森林が形成された丘陵、低山、平野、台地。

薪、炭の供給や落葉による堆肥づくりなど、地域の経済活動と密着した山であったが、石油エネルギーへの転換、また開発や防災事業によってほとんど失われているのが現状である。そのため、自然の攪乱地に成立する生物群集の一部が日本から失われる事態も危惧される。


関連項目

















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE