集団規定

しゅうだんきてい



建築基準法を構成する三要素、法令運用上の総括的規定、単体規定、集団規定のうちのひとつ。
建築物の集合体である都市部において、無秩序の開発行為を防ぎ、住民の住みやすさと安全を維持するために設けられた規定。

具体的には、建築物の用途地域に関する規定、敷地と道路との関係と建築の制限、建築物の形態に関する規定などである。



関連項目


  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE