三段壁

さんだんべき


和歌山県白浜町にある断崖。
海に面する長さ2km、高さ50~60mの大岩壁。
断崖の先端には展望台が設けられている。

地下には海蝕洞窟が形成されており、断崖上から地中をエレベーターで降りると洞窟内部を観覧できる。

名称の由来は、魚の郡れ(鯨との説もある)を見つける為の監視場(見段・みだん)があり、これが転じて三段壁(みだんべき・見段壁→みだんぺき→さんだんべき・三段壁)と呼ばれる様になったという説が有力である。


所在地 和歌山県西牟婁郡白浜町三段
地図
より大きな地図で 和歌山県 を表示


2011-05-03





崩落の危険がある一部以外はロープ等がない。




関連項目


















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE