裳階

もこし


仏堂、塔や天守などに用いられる、軒下の壁面に取り付けられた庇状の構造物のこと。

本来の屋根の下にもう一重屋根をかけるようなかたちになる。

元来は雨を防ぐ補助的な庇だったと考えられるが、建物を実際より多層に見せ、外観を立派にする効果から、寺院建築でよく用いられる。




正福寺地蔵堂



関連項目










  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE