道の駅 小国ゆうステーション

みちのえき おぐにゆうステーション


熊本県小国町の国道387号沿いにある道の駅

悠木の里作りの第一弾として、廃線となった国鉄宮原線の肥後小国駅の跡地に建てられた。


所在地 熊本県阿蘇郡小国町宮原1754-17
地図

1989年度 建築学会賞
設計者は葉祥栄(ようしょうえい)。全面ミラーガラス張り、円形の平面と、逆台形の立面のこの建築は、杉角材をポールジョイントでつなぎトラスを組む、日本初の木造立体トラス構法を採用し1987年に完成。
ゆうステーションや小国ドームなどの一連の小国町での木造立体トラス構法の建築は、1989年度の建築学会賞を受賞している。


関連項目




















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE