2004年3月19日(金)

春アフター2日目 今治→しまなみ海道

←前へ | 3/18 19 20 21 22 23 24 25 26 | 次へ→

(北條撮影)
御厩公園
睡眠不足だったので、寝すぎてしまった。起きたのは10時半くらいだったっけ。
早く(と言っても9時半)に起きた北條、池上、浅海は今治城とかをうろついてたらしい。

うしろでお母さんと子供が遊んでる。


(北條撮影)
まずは今治城へ向かう。
天守は再建のRC造で、中は博物館となっているだけのようなので、敷地内の神社をうろうろしたりして戻る。


(北條撮影)
しまなみ海道へ向かう。
まずは四国と大島と結ぶ来島海峡大橋を渡る。瀬戸内海は海運が多いため、どの橋も高い。

橋の高さまでのぼらなければならないが、ゆるい勾配でのぼっていけるようになっている。
でも、ゆるくしすぎでかなり遠回り。気を使いすぎ。ぐるぐるまわらなくちゃいけない。


(北條撮影)
橋は歩行者自転車が一番外側なので、海を見下ろせるし、眺めがすごくいい。

すごくきれいな海に小さな島がたくさん浮かんでる。小さな島にも集落があり、家があるのが見える。
島ではどんな生活をしているんだろう。

みんな写真を撮ったり、止まって景色を眺めたりしてゆっくり橋を渡る。


(浅海撮影)
橋からの景色を満喫して大島に到着。
橋からおりて、道の駅でやっとお昼ご飯。
ここでもずいぶんのんびりしてた。

道の駅を出発し、島をつっきる国道317号を走る。島の真中をつっきるので100m近くのぼる。
ちなみにしまなみ海道が通る島にある国道はすべて国道317号


(北條撮影)
伯方・大島大橋を渡り、伯方島へ。伯方の塩で有名なところだ。ここの道の駅には塩アイスがある。
やっぱり。ベタすぎ。

しかし、到着したら閉まっていた。営業時間は5時までだった。
まだ25kmくらいしか走ってないのにもう5時。

大三島橋を渡り、大三島に入った頃には日が暮れていた。
泊まる所は道の駅上浦町に決まっているのでスルーして、上浦町の中心地で買出しをおえて、多々羅温泉しまなみの湯に行く。



多々羅温泉しまなみの湯で大平に遭遇。

夕ご飯一緒に食べよう、俺らが風呂出るまで待ってろ、とムリヤリ待たせる。

異常にお腹が減っていて、ついルマンドを食べたら止まらなくなってしまった。じいちゃんに話し掛けられ、しゃべりながらルマンド一袋をすごい勢いでたいらげてから風呂へ。

ここの温泉はマッサージ機が無料だったし、いいところだった。大平を待たせておきながら、閉館までゆっくりマッサージとかして出発。


(北條撮影)
道の駅上浦町は海沿いで、明日渡る大三島と生口島を結ぶ多々羅大橋が見える。
静かだし、トイレきれいだし、テーブルとベンチあるしいいところだ。



テント組み立て最短記録に挑む、一年4人。
K6の最短記録は2分45秒らしい。



二個あるので二回チャレンジしたが、どちらも3分オーバー。
宇都(ピンクのクマ)がポールを逆にさしたり、なにかと足を引張っていた。


(北條撮影)
加奈ちゃんが柘植に隠れて見えないけど、9人で夕ご飯

隣同士で座る浅海と池上(うーみんがーみん)。
やっぱり仲良しなんじゃーんと指摘すると喧嘩しだす。小学生。


(北條撮影)
クマゴリラとモリモリ。

夕ご飯を食べ終わると出発すると言い出す大平(モリモリ君)
泊まってけ、と言ったけど、一度言い出したら止められない。


(浅海撮影)
さよなら、モリモリ。12時35分に出発。

今日しまなみ海道を渡りきっちゃうらしい。暗い中走って楽しいのだろうか。
毎日通学で国道16号を走るのが楽しいという変態なので一般人の常識は通用しない。


←前へ | 3/18 19 20 21 22 23 24 25 26 | 次へ→














  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE