2004年3月21日(日)


←前へ | 3/18 19 20 21 22 23 24 25 26 | 次へ→

「バシッ、バシッ」という音で目が覚める。人の声もたくさんする。
外に出てみると、多目的広場で大量の人がキャッチボールをしている。

隣の野球場では試合をやっていた。ここで試合のアップをしているようだ。

(北條撮影)
テン場の様子。奥の建物がトイレ。うしろではキャッチボール中。



まあ、ここは「多目的」広場だしー、と気にせず朝ご飯。パンと、惣菜と大量のハッサク。



(北條撮影)
今日は起きたの遅かったうえに、ダラダラ。


(北條撮影)
11時過ぎにやっと出発。

近道をしようとあやしげな道をすすむ。
違うよなーと思ってたけど、俺は地図を確認したわけじゃないし、わざわざ言うのもめんどくさいし、今日は元気がないので何も言わなかった。

案の定間違っていて、昨日走ってきた海沿いの道に出る。
再び坂を登り、運動公園の前を通り過ぎる。すでに12時近い。


(北條撮影)
まずは最初の見どころ水軍城に到着。しかし、かなり寂れた感じ。数軒あるお土産やさん、やる気ゼロ。

一応再現されている城の中は、船の歴史みたいのが展示されてた。模型が並んでて、昔の帆船から、だんだん現代になっていく。


(北條撮影)
なぜか宇宙戦艦ヤマト。意味わかんない。
かなりのB級スポットだった。

(北條撮影)
予想外にB級だった水軍城にがっかりして出発。
もうお昼なので、スーパーで買出しをして、因島大橋の下の因島大橋記念公園でお昼ご飯を食べる。
途中で雨が少し降り、やむのを待って出発。

今日は体調、天気、見どころすべてが微妙でテンションが上がらない。
向島は特に見所もなくスルー。

16:46



(北條撮影)
最後の尾道大橋。
これを渡るとついに本州へ。


(北條撮影)
明日の朝、永村、宇都、北條、浅海の四人は千葉に帰るので駅の近くに泊まりたい。
尾道駅はでかすぎるので、隣の東尾道駅へ向かう。

駅周辺をさまよったが、良さそうなところがない。さらに今夜の天気予報は雨だ。

このときは、続行組はスーパーの軒下にでもムリヤリ泊まって、離脱組は漫画喫茶かなにかで夜を明かすということにした。

とりあえず、東尾道から少し離れた銭湯へ向かう事にした。ここは、銭湯だけど、最新の設備できれいなところだった。
ここで見たスポーツ新聞でいかりや長助が亡くなったことを知る。

かなりのんびりしてから出発。----
(北條撮影)
途中でみつけた、24時間営業のファミレス「ジョイフル」で夜をあかすことに。

夕ご飯を作らないなんて負けた感じがするけど、今日は離脱組とおわかれの打ち上げってことで納得させた。

ファミレスでは全員寝てると怒られるので誰か起きてなきゃいけない。
「明日電車で寝れるから徹夜する」ぐらいのことを言ってた浅海、あっさり寝やがる。

夜もふけてきた頃、外では雨が降り出した。


←前へ | 3/18 19 20 21 22 23 24 25 26 | 次へ→














  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE