書院造

しょいんづくり


住宅の様式の一つ。

古代の寝殿造を原型とし、鎌倉・室町時代の過渡期を経て桃山時代に完成した武家・寺家・貴族の客殿の様式。
後に一般的な住宅形式となる。

寝殿造と異なり、母屋…庇…の区分はなく、丸柱に代わって角柱が用いられ、畳…が部屋に敷き詰められ、柱の間に障子・杉戸・襖・舞良戸・雨戸などが用いられ、蔀戸は使われない。

座敷飾りとして床の間、違い棚、書院がつく。




関連項目
























  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE