チェーンステイ



フレームを構成するパイプの一つ。
ボトムブラケットシェルとリアエンドをつなぐ、左右一対のパイプ。

チェーンステイ長(リアハブ軸の中心からBBの中心まで)は自転車の運動性にかかわる。
チェーンステイ長が長いほど、直進安定性にすぐれ、乗り心地がよくなる。
短いほど、旋回性が向上し、前輪を上げるなどの動きが起こしやすくなる。

ロードバイクでは、レース向けのモデルは、力の伝達や運動性を重視し405mm程度と短く、コンフォートモデル・長距離用モデルなどは乗り心地を重視し、420mm前後まで長くしている。

マウンテンバイクでは、アクションを起こしやすいようできるかぎりチェーンステイ長は短くする傾向にあるが、泥のつまりにくさも考慮しなければならないため、そのバランスをとった長さとなる。フルサスの場合は後輪が動くことになるため、ハードテイルと比較すると長めになることが多い。

トライアルバイクはストリートバイクの場合は、泥つまり等は考慮せず、チェーンステイ長を短くしている。


チェーンステイ長

ロード
405-420mm

トライアル26インチ


シクロクロス
430mm

マウンテンバイク 24インチストリート

マウンテンバイク 26インチストリート

マウンテンバイク 26インチXC系ハードテイル
420-425mm

マウンテンバイク 26インチフルサス
435-445mm

マウンテンバイク 650B

マウンテンバイク 29
437-445mm

29インチフルサス
450

ファットバイク

29+
446






関連項目




















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE