間伐材

かんばつざい


間伐で発生する木材。

人工林のスギの間伐材の場合、10cm~20cm内外の太さであり、建築用途の材料などには向かない。

1970年代までは、建築現場の足場材、木柵の材料などに用いられたが、アルミニウム製の単管足場などの普及により需要が低迷した。
1990年代になると、間伐材の需要の低迷により価格が下落。商品価値が無くなることにより、間伐材売却による収入が途絶え、森林経営の採算が悪化したため間伐されずに放棄される森林が増加した。
2000年代になると、森林整備を支援する一環として、間伐材の消費拡大に向けた動きが本格化。グリーン購入法などに積極的な利用が推進されるようになった。


関連項目































  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE