人工林

じんこうりん


森林の分類のひとつ。
人為的に植栽し、育成されて成立した森林のこと。

大部分の場合その目的は材木の生産であり、一般的に人工林というとまずこれを指す場合が多い。
材木生産以外の目的の人工林としては、防風林…防砂林…などがあげられる。

材木生産のための人工林では、主に住宅建設で用いられるスギ、ヒノキなどが植栽される。
単層林施業という、一定面積の地表を樹木のない状態にして、そこへ一斉に同一年齢の同一樹種を植栽する方法が、粒のそろった同一年齢の材木を生産することができ効率的である。
特に林野庁による拡大造林の方針の元で強く進められた方法である。

ただし、皆伐により山や川が荒れることや、単一年齢の木が並んで、それが一斉に強風で倒れる被害が出たことなど、近年は批判が多く、これを解決するべく異なる年齢の木や複数の樹種で構成する複層林施業や広葉樹を利用することなど、新しい方法が模索されている。



関連項目


























  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE