陰樹

いんじゅ


樹木の分類のひとつ。
光に対する要求性が比較的低い樹木のこと。対立する語は陽樹
クスノキ、カシノキ、ブナ、シイ、ツガなどが代表的な陰樹である。



生育するために最低限必要な光合成量が少ないため、比較的暗い場所でも成長が可能である。そのため、林床の照度が低く、陽樹が生育できないような場所でも生育が可能である。
代わりに、土壌や湿度はより多く求めるものが多く、開けた場所に侵入するのは難しいため、陽樹林が成立した後にそこに侵入する運びとなる。
陽樹林は徐々に陰樹が交ざるようになり、陰樹林へと遷移していく。

しかし、陰樹であっても光が少ない方がよいわけではなく、光の当たる部分に葉を伸ばさなければ成長がよくない。最終的には高木層に出て林冠に枝を広げることで生存が維持できる。自分より上により大木があった場合、その下で枝を広げ、上が開くのを待つが、十数年で力尽きるという。

極相林…にギャップが生じた場合、その明るい林床には陽樹が多数出現するが、陰樹であっても光を嫌うわけではないので、やはり出現する。



関連項目

































  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE