ボンエルフ




歩車融合型共存道路のこと。
オランダ語で「生活の庭」の意味。

車の速度を低下させるために、通行部分の蛇行やハンプを設置する。
歩行者はどこを歩いてもよく、子どもが遊ぶこともできる。

住宅地の道路を単なる通行の場から人々の生活の場に変えることを目的とする。

住民たちが生活道路に車が進入するのを防ぐために花壇や敷石を置いたのが始まりであり、1971年にデルフトで実用化された。1975年にはオランダ政府の政策として採用され、設計の基準が定められた。同様の政策はドイツ、北欧、イギリスなどにも広まった。

ドイツでボーンシュトラーゼと名づけられて推奨されているほか、日本のコミュニティ道路でも参考にされた。


関連項目


















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE