在郷町

ざいごうまち


江戸時代中期以降に発生した、農村部における商品生産の発展に伴って発生した集落。

在方(農村)として郡奉行の支配を受け、商取引上の制限が多かったが、次第に町方に準じて扱われるようになって緩和され、商取引の中心となった。

商工業者のほかに純農民を含み、都市と農村の性格を併せ持つ。
これらのうちには、中世に小城下町、港町、宿場町として成立したものも多い。

200~1000戸ほどの規模で、現在の小都市は在郷町が成長したものが多い。


関連項目
















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE