旧済生館本館(山形市郷土館)

きゅうさいせいかんほんかん(やまがたしきょうどかん)


山形県山形市霞城公園内にある明治時代に建てられた病院建築。重要文化財に指定されている。
明治時代に病院済生館本館として建てられた擬洋風建築。
旧所在地(山形市七日町1-3-26)から霞城公園に移築され、山形市郷土館として公開されている。

所在地 山形県山形市霞城町1-1
料金
時間 9:00~16:30
休館日 月曜日、年末年始
地図
より大きな地図で 山形県 を表示

  • 竣工:1878年(明治11年)
  • 設計:筒井明俊
  • 構造:木造
  • 建築面積:主屋110.9m2、回廊429.3m2
  • 階数:主屋4階、回廊平屋
  • 屋根数:主屋 三重
  • 屋根材:初重 桟瓦葺、他 亜鉛板葺、回廊 桟瓦葺

三重四階建の背面に円形回廊を廻す。
外装は下見板張。窓は上げ下げ式硝子戸で、外部には両開き鎧戸を付ける。
回廊内側の柱間は開放させる。
主屋の平面は、1階変形八角形、2階正十六角形、3階正八角形。
擬洋風木造建築では規模が大きく意匠が特異。
昭和44年移築。


2008年8月6日



正面。高さ約24m。当時としてはすごく高い建築物だっただろう。


二階部分は16角形。二階はホールになっていて内部に柱はなく、トラス構造で三階・四階を支えている。
三階・四階部分は八角形


望楼の後ろは、14角形の回廊。


回廊の内側は中庭になっている。


回廊



ぐるっと。


望楼部分に上る階段。入り口の上にステンドグラス。



二階から三階へあがる螺旋階段。
一段一段に彫刻が施されている。



参照サイト



関連項目











  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE