2008年10月12日(日)

磐梯吾妻レークライン、五色沼

←前へ | 10/11 12 13 | 次へ→




朝ごはん。

ごはんのあと朝風呂。昨日ぬるかった露天風呂があつあつだった。





レンタカーのかほるん。
みんな荷物を載せてもらった。



出発。中ノ沢温泉を通る福島県道24号
空荷。楽チン。



昨日の道を少し逆戻り。国道115号



福島県道70号。いきなり登り。



アップダウンあり。



有料区間の磐梯吾妻レークラインに入る。


(北條撮影)
ここでかほるんが待ってて集合写真



アップ



ダウン



湖から離れていく。


(北條撮影)



中津川渓谷レストハウスで休憩。
車のかほるんがいるかと思ったがいない。



中津川渓谷を見に、遊歩道へ。



熊出没注意。



ところどころ紅葉していた。



中津川渓谷へと下っていく。けっこう下っていく。







(北條撮影)
中津川渓谷レストハウスに戻るとかほるんがいた。

頂上に車を置いて自転車で下ってきたらしい。下ってきたもののきつくて登るのはつらそうとのこと。
北條が車を取りにいって、かほるんは車で登ることに。体調不良の安藤もここから車。



登り。レストハウスが見える。

車で下ってくる北條とすれちがった。



マイバイク。けっこう登った。湖が見える。



いったん下って、最後の登り。



磐梯吾妻レークラインの最高点。997m。
車を待っていたら、他の人は下っていってしまった。



眺め。




三つの湖が見渡せる、三湖パラダイス。


(北條撮影)
車と合流。


(北條撮影)
北條と二人で下る。


(北條撮影)
車よりスピードが出る下りだった。



水峰という食堂でお昼ごはん。
ちょうどお昼時で混んでいたため並んで待つ。



おなかが減っていたのでソースカツ丼大盛り。丸田と北條も同じ。
そしたらすごいのがきた。


(安藤撮影)
味はおいしいんだけど、量がすごい。
ごはん2合くらいあったんじゃないか?


(北條撮影)
うどんも量が多かった。



なんとか完食。


(安藤撮影)
腹が出た。信号待ちの車のおばちゃんに笑われた。


(北條撮影)
丸田はどうしても行きたいという野口英世記念館へ独りで行った。



重い腹で、自転車に乗り五色沼まで下る。登りじゃなくてよかった。
五色沼はとんでもない混雑で、駐車場で入れない車で渋滞していた。
車の安藤とかほるんは五色沼をあきらめて別ルートへ。



五色沼の毘沙門沼。たくさんのボート。




五色沼の遊歩道を歩く。
沼の色と紅葉がきれい!








五色沼自然探勝路。



赤くないけど赤沼。



日が傾いてきた。



道の脇を流れる小川。



深泥沼。
この辺で時間切れ。引き返す。



五色沼に行った四人の集合写真。



国道459号を下る。





交通量がけっこう多いので、平行して走るべつの道を求める。



しかしこの道一瞬で終わって、結局元の県道へ戻った。



猪苗代湖付近の平地まで降りてきた。田んぼがたくさん。



磐梯山。





田んぼの脇を走りたくて歩道へ。



黄金色の田んぼ。



(北條撮影)
野口英世記念館前で丸田と合流。
気温が下がってきたので服を着込む。防寒着を車に預けてしまった丸田にカッパを貸した。





クラシックカーのイベントがあって、いろんな古い車がたくさん走っていた。



日が暮れた。



猪苗代湖畔を走る。



猪苗代湖から、会津若松へ下るのに、国道49号を避けて旧道の市道へ。
真っ暗。



暗くくねった道を、ライトだけを頼りにひたすら下る。



会津若松の夜景が見えた。
きれい~、と思ったけど、街はまだあんな下にあるのかよ。



民宿多賀来に到着。



すぐに夕ごはん。
めずらしく、みんなビールがすすまなかった。下りで体が冷え切ったので。


(安藤撮影)
明日のコースを調べたり、行きたいところを話したり。

男は二部屋だったけど、宿の人は暖房をつけさせてくれず寒いので一部屋で寝た。


←前へ | 10/11 12 13 | 次へ→

















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE