穴八幡宮

あなはちまんぐう


東京都新宿区にある神社。


所在地 東京都新宿区西早稲田2-1-11
地図
より大きな地図で 東京都 を表示

歴史


社伝によると、1062年(康平5年)源義家が奥州からの凱旋の途中、この地に兜と太刀を納め八幡神を祀り、創建された。

1636年(寛永13年)ここに的場が造られ、この八幡宮を守護神とした。
1641年(寛永18年)別当の放生寺を建立するため、社僧良晶が南側の山裾を切り開いた際、横穴が見つかり中から金銅の阿弥陀如来像が現れた。以来「穴八幡宮」と称するようになった。3代将軍徳川家光は、この話を聞いて穴八幡宮を幕府の祈願所・城北の総鎮護とした。

8代将軍徳川吉宗は、1728年(享保13年)に世嗣の疱瘡平癒祈願のため流鏑馬を奉納した。その後も世嗣誕生の際や厄除け祈願として奉納された。

江戸の庶民からも信仰を集め、特に蟲封じの祈祷は有名だった。1879年(明治12年)には皇太子(後の大正天皇)の御蟲封祈祷も行っている。
また冬至の「一陽来復」のお守りでも知られる。

境内



隋神門
1998年再建

本殿

幣殿、拝殿
1989年建築



氏子地域

喜久井町、納戸町、馬場下町、原町、若松町、早稲田南町、戸山一丁目(旧 牛込破損町)、西早稲田一丁目(旧 牛込高田町)



2017-01-09










一陽来福御守


2015-08-02

次女予防接種の帰りに車で。





2015-07-18…






2009-09-06




関連項目

























  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE