仙巌園(磯庭園)

せんがんえん(いそていえん)


鹿児島県鹿児島市にある鹿児島藩主島津家の別邸跡とその庭園。
国指定名勝となっている。
鹿児島湾と桜島を借景として取り込んでいる。

所在地 鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1
時間 8:30~17:30(11/1~3/15は17:20まで)
定園日 無休
料金 1000円
URL http://www.senganen.jp/
地図
より大きな地図で 鹿児島県 を表示
2010年5月現在


歴史

  • 1658年(万治元年)
第19代当主島津光久によって造園。
  • 幕末
第28代当主島津斉彬が敷地の一部を使ってヨーロッパ式製鉄所やガラス工場を建設するなどの近代化事業(集成館事業)を起こした。
  • 1857年(安政4年)
園内の石灯籠にガス管をつないで点火させ灯火として用いた。日本のガス灯発祥の地の一つとして挙げられる。
  • 1888年(明治21年)
島津忠義公爵一家が焼失した鹿児島城から移住。
忠義の死後に跡を継いだ島津忠重は薩摩藩出身の新政府高官らによって東京市に移住させられ、仙巌園も住人不在となった。
  • 1948年(昭和24年)
華族制度廃止に伴い鹿児島市の管理下に置かれる。
  • 1952年(昭和32年)
島津家に返還され、現在は島津興業が管理している。


参考サイト







関連項目





















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE