鹿児島城跡

かごしまじょうあと


鹿児島県鹿児島市にある、江戸時代に存在した城の跡。
別名・鶴丸城。
鹿児島県指定史跡となっている。
現在は博物館・資料館等の敷地となっている。

所在地 鹿児島県鹿児島市城山町


概要

城山及びその東麓の館からなる。
館は、本丸・二ノ丸・出丸からなり、堀と石垣が築かれたが単純な構造の屋形造りの城で、天守は築かれなかった。
中世から上山城という山城だった城山を籠城のための「後詰めの城」としていたが、江戸中期からは城山自体が聖域として立入禁止区域となり、使われなくなった。



歴史

  • 1601年(慶長6年) 島津忠恒(家久)により築城開始
  • 1604年(慶長9年) 完成



2016-07-09




工事中















関連リンク



関連項目












  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE